親子の時間と素敵なこども写真を提案するフリーマガジン

フリーマガジンKidsPhotoブログにロゴ

産前・産後のからだのこと〜向田先生と佐藤先生に教えてもらいました!

   

産前・産後のからだ

妊婦さんのマッサージ事情

向田:妊婦さんて「マッサージはやっちゃいけない」と思ってらっしゃる方が多くないですか?

KOBO:そうじゃないんですか?

向田:もちろん!うちはあえて「妊婦さんもOK」と謳っているのですが、このように言わないと「妊婦はやっちゃいけないのかな」と思う方が多いようで・・・
今はいろんなところにリラクゼーション関係のお店が増えていて、そういうところでは妊婦さんのマッサージは断られるケースが大半なようですが、実際は専門の知識や技術がないために出来ないというだけなんです。

KOBO:なるほど!

向田:よく「飲酒している方、妊婦の方お断り」という看板を見かけませんか?
駅やショッピングモールに入っているようなチェーン店だとこのようなケースが多いですね。
けれど妊婦さんにもできるマッサージはたくさんあるので、妊娠中の痛みや苦痛を和らげてあげられたらなと思います。

妊婦さんの悩みは?

KOBO:こちらにいらっしゃる妊婦さんの悩みってどんなものが多いんですか?

向田:やっぱり「むくみ」ですね。あと、身体のバランスが変わってしまうせいで「腰痛」とか「肩こり」ですね。

佐藤:身体の稼動域がせまくなってしまうせいで、負荷がかかるところが辛くなっちゃうんですよね。

向田:妊婦さんに「むくみ」ってつきものですよね。
足がパンパンになっちゃう方多いんですよ。
そして、出産するとやっぱり赤ちゃんを抱っこすることで「腰」「首」に負担がかかってきますね。

KOBO:痛みの連続ですね。
ちなみにそういうときにお家で普段からできるケアはありますか?

向田:そうですね〜それは実は難しいんです。
例えば、ひとつに「腰痛」といっても色んな原因があるので。

佐藤:はい、人によって有効なケアもそれぞれなので、あまりやりすぎてもいけないこともありますし。

KOBO:ちゃんとした知識や技術がないと難しいんですね。

向田:「腰痛対策」と言えばお伝えすることは山ほどあるのですが、湿布ひとつにしても逆効果の使用法もありますし。
やはり一度実際にみせていただかないと正しい対処は難しいです。

セルフケアはパパにヘルプを!

KOBO:先ほどのお話で「むくみ」について出て来たんですが、本当に簡単にできるセルフケアはないですか?笑

佐藤:それはもうお家でもマッサージしていただくことですが、おなかが大きいと…靴下すらはけないんですよね(笑)

向田:そうなんですよ!つまり妊婦さんて「セルフケアが難しい」っていう。
出来るとすれば「足湯」なんていいと思います。
あとはご主人にマッサージしてもらう!ここぞとばかりにご主人とコミュニケーションもとれますしね(笑)

佐藤:「ここ揉んで〜」とかね(笑)だって妊婦さんて何もできないもんなんですから。

KOBO:そうなんですかぁ〜・・・って、うちで2回見て来たはずなんですけどね(笑)

向田:「手当て」っていうくらいなんだから、ご主人が手を当ててあげるだけでもだいぶ違うんですよね。

佐藤:足なんか優しくさすってあげたりね。

KOBO:違うもんですか?

向田&佐藤:全然違う〜!!!(笑)

半年間の黄金チャンス期?!

佐藤:それと、私のオススメは「妊娠線のセルフケア」でしょうか^^
お家でおなかをマッサージしてあげることで、妊娠線が出来づらくなりますよ。
妊娠線は一度できてしまったら「一生モノ」ですから。

KOBO:えーーーー!!

佐藤:妊娠線を結構気にして妊婦期間を過ごしている方は多いですよね。
最近ではご自身で専用のクリームでケアされている方もいらっしゃいますし。

KOBO:それはいつ頃からするといいんですか?

向田:おなかが大きくなりはじめてからすぐですね。

佐藤:なので5〜6ヶ月頃からするのがオススメです。

向田:ちなみに妊婦さんじゃなくてもこれは起きることですよ(笑)

KOBO:あ、急に太ったり?!

佐藤:そうですそうです。
なので男性にもできますしお腹以外にもできます。
急激な皮膚の伸びについていけないとできちゃうんですよ(笑)

向田:僕も実は少しあります(笑)

KOBO:(笑)

向田:だから常に皮膚を柔らかくしてるとなりにくいですね。

佐藤:産後ってきっとみなさん元の体型に戻したいじゃないですか?
そこに「妊娠線」って…結構響きますよね。「出来ちゃった…」て凹む人も多いですよ。

KOBO:ちなみにできちゃった妊娠線にはどう対応したらいいんですか?

佐藤:妊娠線は消えないんですが、筋肉を鍛えてたるんでいる部分を絞り込んで元の体型に戻すことくらいでしょうか。
なので、お腹が大きくなってきたらセルフケアをオススメします。
お腹をなでる事で母子のコミュニケーションにもなりますし!

KOBO:なるほど!ありがとうございます。
他にママさんにアドバイスなどありますか?

向田:そうですね・・・実は産後の骨盤の調整がしやすいのは出産してから半年以内なんです。
それ以降になってしまうと、かたまってしまってなかなか難しくなってしまいます。
このことをご存知の方も増えて来ているのですが、ご存知ない方で産後1年くらい経ってから「骨盤矯正を」といらして頂いても十分に矯正することはかなり難しいんです。
なので産後半年以内にはケアをしていただきたいですね。

佐藤:それ大事です!
半年以内のケアをすると、実は妊娠前より良いプロボーションになる可能性があったりするんですよ〜!

向田:はい、O脚で悩んでた人もこの時期が治すチャンスだったりするんです。

KOBO:それは凄いですね!

向田:スポーツやクセでお尻が大きくなっちゃったりした方も、産後半年以内ならチャンスなんです!!

体重は戻っても体型が戻らない?!

KOBO:ちなみに半年すぎちゃったらどうなるんですか?

佐藤:そうなるともう「瘦身(そうしん)」のメニューになりますね。

KOBO:そうしん?

佐藤:はい、セルライトなんかをもんで絞ってやせるお手伝いをするメニューです。

KOBO:あ、痛いやつですか?

向田:最初はめっちゃ痛いですよ(笑)

KOBO:腰痛の悩みでも「瘦身」になるんですか?

向田:そうですね。体重が1〜2キロ増えただけでも身体には負担になっていますから、腰痛の悩みにも「瘦身」は有効なケースが多いですよ。

KOBO:適正な体重とかってどうやってわかるんですか?

佐藤:BMIとか、計算方法はありますよ。
でも個人的な意見としては、その方の仕事で使う体力とか、個々にベストな体重ってのがあると思うんですよね。

向田:うんうん、計算で出る数値って「目安」って思ったほうがいいですね。

佐藤:そうそう、お仕事によっては体力や筋力が必要だったりするし、それを落としてしまうとハードなお仕事だったりしたらこなせなくなってきてしまうので。
だからあくまでも目安にして、拘りすぎるのは良くないですね。

向田:デスクワークの人と、動き回るお仕事の人では筋肉量は違いますからね。

佐藤:体重よりも「体脂肪」に注目したほうがいいかもしれませんね。
体重よりも「脂肪量」なんですよね。
「産後なかなか体重が戻らない」というご相談はよく受けますね。
あとは「産後体重は戻ったけど体型が戻らない」というお話も多いです。

向田:昔履いてたズボンが入らないとかね。体重は同じなのに。

KOBO:僕もあります(笑)体重は前と一緒なのにお腹が・・・

向田:そうなんです。脂肪のつく場所が変わってしまうんです。

佐藤:そこでおなかに低周波を当てたりと、元の体型に戻して行くお手伝いをしたりします。
ある程度のことはご自身でできても「あとちょっと」というのが難しいケースが多くて。

普段からできることは?

KOBO:なにか他に日常生活でできる事はありませんか?

向田:とにかく適度に運動することがいいと思います。
産後1ヶ月くらいから徐々に体調に合わせて動くことは大切ですよ。

佐藤:そうですね・・・赤ちゃんと一緒にお散歩するだけでも違うと思います。
「走るなら20分、歩くなら40分」を目安にするといいですね。もちろんベビーカー押しながらとか。

向田:「ながら運動」でいいんだよね。

佐藤:家事をしながら、赤ちゃんの面倒みながら、ね!
歯磨をしながらお尻にキュっと力いれたり、赤ちゃんを足にのせてあやしながら腹筋するとか。

向田:あとね、ありがちなのが赤ちゃんがうまれてからも抱っこしたりするときに「妊婦歩き」といって足を広げて歩いちゃったりするんです。
妊婦だったときのクセで(笑)
産後にお腹に力を入れるってことが意識しないと出来なくなっちゃってるんです。

佐藤:そうそう、赤ちゃんを抱っこするときは腹筋を使って、お尻を締める事を意識してみてください。そうすると少しだけ元の体型に戻りやすくなると思います。

向田:背中を壁に当てて、お腹をぎゅーっとくっつけるイメージで。
背中と壁に隙間が出来ないようにね。
ほら、お腹をパンチされたらお腹に力入るでしょ?
そのときに絶対背中は反らない。
これをキープしながらベビーカーを押してみたりね。

佐藤:かかと、お尻をぴったりと壁にくっつけてね。
腰に隙間が空いてお腹が出ちゃうでしょ?この隙間がなくなるようにお腹をひいてください。

向田:普段から「腹筋を意識する」っていうだけでも違いますよ。
これが基本ではあるけど、やってみるとキツいんです(笑)

KOBO:なるほど〜知らなかった!
自分でできることもプロにやってもらうと良いことも、色々とあるんですね。今日はすごく勉強になりました。

どうもありがとうございました!!!

取材インタビュー、撮影 KOBO(Photostudiokobo戸田/東浦和

向田先生と佐藤先生が運営するお店の紹介

ルマリブールとルージュ

ルマ・リブール鍼灸治療院

腰痛改善や骨盤矯正など幅広い治療を行っている戸田市にある整体・鍼灸院です。

〒335-0016 埼玉県戸田市下前1-9-30
お電話 048-441-0600
10:00~21:00 (最終受付20:30)
水曜日定休
http://rumah-libur.com/

エステサロン・ルージュ

リンパマッサージを主体としたエステサロンですが、まつげパーマやまつげエクステなどメニューが豊富。
ルマ・リブール鍼灸治療金と隣接しています。
お電話 080-6610-3100
http://www.saronruge.com/

ナガラスタジオ

ヨガを中心に様々なメニューを用意。
運動不足解消・ダイエット・むくみや冷えの予防・肩こり・腰痛改善・ストレス解消効果も期待できます。

〒335-0016 埼玉県戸田市下前2-4-10
お電話 048-446-6165
http://studionagara.com/

プレジャーズ ダンススタジオ

戸田にいながらハイクオリティなダンスレッスンが受けられます。
はじめての方から上級者まで、世代・性別・目的を問わずダンスを楽しむ環境があります。
有名アーティストのバックダンサーも在籍。

埼玉県戸田市中町2-17-13
048-446-6165(ナガラスタジオと共通ダイヤル)
http://pleasuresdancestudio.com/

 - お知らせ, 健康, 特集記事 , , , , , , , , , ,

  記事をシェア

  関連記事

アーリーバードコーヒー 川口
川口市のおしゃれカフェ、アーリーバードコーヒー

川口グリーンセンターの前にあるおしゃれカフェ、 EARLY BIRD COFFE …

mushiba
娘が虫歯になりまして。

今回はブログタイトルを某映画風にしてみました。ライターひろみです。笑 我が家の娘 …

大きな滑り台2
川口グリーンセンター 〜こどもと一緒に行けるオススメスポット〜

こんにちは! カメラマンのKOBOこと小堀です。 川口市にある川口グリーンセンタ …

花粉症
重い花粉症に悩む私が考える、なるべく薬に頼らず花粉シーズンを乗り切る方法

どうも、花粉症歴9年のひろみです。 近頃鼻がムズムズしたり目が痒かったりしたので …

まめぞう コーヒー
自家焙煎珈琲工房 まめぞう

コーヒーと向き合い20年のオーナーが提案する美味しいコーヒーとは? 戸田市の自家 …

ヘアーサロンアレグレ店内
ママに優しいヘアーサロン アレグレさんに聞きました

戸田駅から徒歩ですぐの場所にある、 子連れOKのママに優しいヘアーサロンアレグレ …

親子で美味しいスムージー
「親子でおいしいスムージー」 撮影モデル募集!

161216 更新 こちらの募集は締め切りました! 募集スタートから半日ですが、 …

greenlife
とても愛おしいグリーンある生活〜GREEN LIFE〜

とても愛おしい、グリーンのある生活 僕にとってグリーンとは、とても大切なものだと …

hadaare
良い化粧水よりまずは乳酸菌

最近、スーパーやドラッグストアで「乳酸菌入り」という文字をよく見かけますね。 な …

まめしばコーヒー外観
気軽に立ち寄れるコーヒースタンド、まめしばコーヒー

戸田公園駅前通りを入りすぐの場所にある、コーヒースタンド。 まめしばコーヒー(m …